コンテンツマーケティング

コンテンツのネタが湧いてくるアイデア発想法

コンテンツ制作を続けているとアイデアが枯渇してしまう場合もあるでしょう。
普段とは異なるモノの見方をしてみると、良いコンテンツが思いつく場合があります。

あなた自身の想いや経験が最も魅力的なコンテンツの源泉となる

コンテンツを考えるのは、あなた自身です。

まずは、あなた自身について考えるのが、アイデアの源泉になります。なぜ今の仕事を続けているのか、趣味や特技と仕事の共通点はないか、友人や家族が困っていることが商品で解決できないか、普段触れているブログや雑誌・音楽や映画と関連付けられないか。

あなた自身の想いや経験は魅力的なコンテンツを生む原動力になり得ます。

業界の総意とは異なる意見を取り扱うのも有効な手段です。

米国の著名な起業家・投資家であるピーター・ティールが唱えるように、多くの人が否定するものの自分だけが信じている事実を追求すると、独占的な地位を築きやすいため、大きな成果につながりやすいとされます。

タブー視されているような問題について建設的な議論を展開するのも、社会的意義の高い取り組みです。

見込み顧客が抱える疑問から必要とされている情報を推察する

 

業界の慣習に染まっていない見込み顧客の意見は貴重です。

見込み顧客がする質問から、満たされていないニーズを推察したり、自社商品の足りていない機能やサービスを見出したりできます。また、最近流行している技術やライフスタイルの変化、あるいは新たに実施された統計データを見つけて、トレンドを敏感に捉えるよう努める必要があります。環境が変われば、顧客が求める情報も変わってくるからです。

ユーザー分析ツールMindPickでは、特定の単語に興味のあるユーザー層がQ&Aサイトに投稿した質問を閲覧できます。

コンテンツを計画する際には、そのユーザー層が質問した内容に回答する情報を盛り込むと良いでしょう。さらに、その質問がなされた背景や、関連する事項まで発想を広げると、コンテンツのネタが次々と湧いてくるでしょう。

まとめ

コンテンツ制作を長く続けていると視点が偏ってしまい、マンネリ化してくる場合があります。

似たようなコンテンツばかりでは、新たな集客につながりません。

あなた自身について見なおしたり、業界・見込み顧客についての洞察を深めたりすると、アイデアを発想する方法が身に付きます。

 


お問い合わせはこちらから

MindPick(マインドピック)は無料トライアル実施中です。
是非お試し下さいませ。