コンテンツマーケティング

KPIに合致したコンテンツ制作

コンテンツマーケティングでは認知拡大・リード獲得・顧客獲得のKPIをそれぞれ設定する必要があります。
それらのKPIを伸ばすのに最適なキーワード選定が成功の鍵です。

施策の進み具合を確認し、目指すべき目標を定量化するのがKPI

KPI(重要評価指標)は施策の進み具合を定量的に評価し、PDCAサイクルを回すのに有効です。
コンテンツマーケティングを行っている企業でもKPIを設定せずに、行き当たりばったりで活動しているところも少なくありません。
コンテンツ制作を行う際には、KPIを設定し、それに合致したコンテンツを計画する必要があります。

セールスの流れに合わせて最適なKPIとキーワードを選択する

セールスの流れを考えると、まず、ブランド認知を高め、見込み顧客を増やすのがコンテンツマーケティングの一つの役割となります。
KPIとしては流入数・セッション数・ソーシャルメディアのフォロワー数などが適当でしょう。
流入数を増やすには、初心者向けの内容やまとめ記事、見込み顧客が抱える問題を再認識させるコンテンツが向いています。

次に、リードを獲得するには、資料ダウンロードやお問い合わせフォームから個人情報を取得する必要があります。
KPIは問い合わせページへの訪問数やリードの数が該当するでしょう。
このKPIを増やすには「比較」「おススメ」といったキーワードに着目すると効果的です。

そして、見込み顧客を成約に至らせるのが最後のステップです。
KPIは契約数・契約単価はもちろん、リードのうち商談に繋がった割合も着目するべき指標と考えられます。
具体的なブランド名をターゲットにしたり、お得な情報を提供したりして、顧客獲得の最後の一押しとなる情報を提供すると良いでしょう。

共起語やQ&Aサイトに質問された投稿から購買プロセスに合わせたコンテンツを分析する

ユーザーインサイト分析ツールMindPickでは、あるユーザー層が興味を抱く共起語を一覧化し、また、該当の層がQ&Aサイトに投稿した質問を提示してくれます。
認知拡大ではQ&Aサイトに投稿された質問に答えるようなコンテンツを用意すると効果的でしょう。
また、リード獲得では共起語の中から、商品への理解を深めるような単語を選びます。
そして、顧客獲得には、具体的なブランド名を発見し、購買意欲の高い層に訴えるようにします。

まとめ

コンテンツマーケティングには認知拡大・リード獲得・顧客獲得といった異なる目標があります。
それらを達成するために、適切なKPIを設定し、それに合わせたキーワードに着目してコンテンツを制作すると効果的です。

 


お問い合わせはこちらから

MindPick(マインドピック)は無料トライアル実施中です。
是非お試し下さいませ。