マーケティング戦略

顧客のニーズを把握する顧客セグメンテーション分析

マーケティングにおいて最も重要だと言われるセグメンテーション分析。顧客をいかに意味のあるグループに分けるかがキャンペーンの成否に大きく関わります。
本記事では、分析ツールを使ってセグメンテーション分析を行う方法を紹介します。

同じ特徴を持ったグループに照準を合わせるセグメンテーション分析

現代は、モノを作れば売れるという時代ではありません。顧客が求めるニーズを正確に把握し、的確な製品・サービスを提供する必要があります。

顧客一人一人に合わせたワントゥワンマーケティングを行えるのが理想ですが、現実的には、ユーザーを同じ特徴を持ったグループにまとめ、そのグループに対してニーズの分析を行います。

同じ特徴を持ったグループを「セグメント」と呼び、その特徴を導き出す作業が「顧客セグメンテーション分析」です。

年齢、性別、家族構成、価値観、ライフスタイル、趣味趣向、地域、都市などの条件でグループ化を試みます。

最も意味のある特徴を発見するのがセグメンテーション分析の鍵

セグメンテーション分析で鍵になるのは、最も特徴を際立たせる要素を選択する作業です。

化粧品を販売する際に、男性と女性でセグメントを分けても、その違いは明らかなので、あまり意味を持たないかもしれません。

女性の中でも「子持ちの40代」「高学歴の30代」「地方在住の20代」「ソーシャルメディアが好きな10代」といったように具体的で意味のある特徴を選択します。

セグメントを分けた後は、市場規模を推定して事業としての魅力を推定したり、ユーザーへのインタビューを行ったりしてセグメントへの理解を深めていきます。

高くても品質の良いものを好むのか、値段に敏感なのか。友人からの推薦を重視して購買を決定するのか、利用する人と支払いをする人は同一か、といった購買プロセスの特徴についても分析を進めます。

データに基づいて顧客セグメンテーション分析を実施する

顧客セグメンテーション分析を行うには、購買データや市場データなどの活用が有効です。

 

MindPickでは検索キーワードやQ&A閲覧行動データに基づき、興味・関心を5万分類まで細分化しているので、他のツールに比べ、より粒度の細かいセグメンテーションを行うことができます。

例えば、「化粧品」に関心を持つグループとしては、「メイク ドラッグストア」といったキーワードに関心を持つ層や、「髪形 美容師」に興味のある層などがセグメントとして認識されました。

このようにデータに基づく、具体的で特徴のあるセグメントを発見することができます。

まとめ

顧客セグメンテーション分析は、顧客の特徴を発見し、グループ化する手法になりますが、MindPickでは細かい粒度で簡単に特徴が発見でき、セグメンテーションが行えます。

コストの増加を避けながらも、ワントゥワンマーケティングに近い精度でユーザーへ最適なアプローチをすることができるようになります。

 


お問い合わせはこちらから

MindPick(マインドピック)は無料トライアル実施中です。
是非お試し下さいませ。