マーケティング戦略

顧客の声に基づいたポジショニングマップ作成

ユーザーからのニーズがあり、競合を上回れる点を訴求すれば、その製品の売り上げが伸びる可能性は大きく高まります。
ポジショニングマップを使った競合分析が、その助けとなります。

意味のあるポジショニングマップの作成には「何を軸に選ぶか」が重要

ポジショニングマップは、一般的に二つの軸から成る平面上に、その強みや弱みに基づいて自社や競合他社を並べる手法です。
その特徴を視覚的に理解し、より競争力の発揮できるよう戦略立案するために利用されます。

例えば、自動車業界において、価格の高低を一つの軸とし、ライフスタイル(先進性か実用性)をもう一つの軸に据えれば、高くて先進的なスポーツカーと、安くて実用的な軽自動車といった製品特徴が簡単に分類できます。
ポジショニングマップを作成する際には、軸の選定が最も重要です。
競合他社との違いが際立つ特徴を軸に据えなければ、事業環境が上手く説明できません。製品の特徴や価格・品質、用途などを採用する場合が多いとされます。

Q&Aサイトに投稿された質問からポジショニングマップについて考える

ポジショニングマップを作成する方法の一つに顧客に対するメリットや、顧客が抱く印象を軸に据える考え方があります。
高級感の有無や安心感・親近感・手頃さ、といったブランドイメージがポジショニングに影響を与えるからです。
ユーザーインサイト分析ツールMindPickは、Q&Aサイトに投稿した質問などから顧客の声を拾い、ポジショニングマップの洞察に加えるのに役立ちます。
スポーツカーに興味のある人の中でも、「ポルシェ」「アルファロメオ」といったブランドを一点買いする人もいれば、維持費や中古販売価格を気にしている人もいます。
ポジショニングマップを作成する場合、価格・性能だけではなく、ブランド価値も検討しなければならない点が示唆されます。
ポジショニングマップができれば、その優位性を高め、維持するための施策が必要です。
安くて実用的な製品に独自性があるのであれば、それをアピールするようなコンテンツを作成し、広告を配信して、その強みを活かしていくべきです。

まとめ

ポジショニングマップとは、2つの軸から自社と競合他社の提供する価値を図示する手法です。
MindPickのようなユーザー分析ツールを利用すると、実際にWeb上へ投稿された顧客の声に基づいてポジショニングマップに用いる軸の選定やブランドの評価が行えます。

 


14日間無料トライアル実施中

MindPick(マインドピック)の無料トライアルはこちらから。
ぜひお試しください。