コンテンツマーケティング

WEBライティングに欠かせない!検索ユーザーが知りたい情報を掴むマーケットユーザー分析

WEBライティングとは、以前は「WEB上に特化した、わかりやすい文章表現」という意味合いで使われるケースの多い言葉でした。
近年では、ユーザーに価値のある情報をわかりやすく伝えるコンテンツマーケティングの重要な要素のひとつとして語られる機会が増えています。
今回は、コンテンツマーケティングの担当者が覚えておきたい、WEBライティングの大切なポイントをご紹介します。

WEBライティングの情報発信は、しっかりとしたマーケティングが不可欠

コンテンツマーケティングは、こちらから商品やサービスをアピールするのではなく、その商品やサービスに関心のあるユーザーが、「知りたい」「読みたい」と思えるような情報を提供することで見込み客を誘導するマーケティングの手法です。

検索エンジンに大きな変動が起こるたび、これからのWEBメディアは「良質なコンテンツ」が必要という、コンテンツマーケティングの考え方が重要視されてきました。

少し大きな書店に行けば、その文章を作成するWEBライティングのノウハウだけでも、10冊以上の書籍が見つかります。

ですが、WEBライティングに求められる「良質なコンテンツ」とは、いったいどんな文章なのでしょうか?

検索エンジンで情報を探しているユーザーは「自分が求めている情報があるかどうか」という一点で、コンテンツの価値を判断しています。

そして、Googleをはじめとする検索エンジンは、検索するユーザーにとって価値ある情報を、より的確に検索画面で上位表示できるように、アルゴリズムの改善を続けています。

つまり、WEBライティングで実現する良質なコンテンツとは、ユーザーの側から「読みたい」と思えるような情報をわかりやすくまとめた文章といえるでしょう。

逆に言えば、どれほど詳しく、わかりやすく書かれた文章でも、検索ユーザーにとって不要な情報であれば、読み手にも、そして検索エンジンにも評価されることは難しくなります。

そのためWEBライティングには、検索したユーザーが、どんな情報を探しているのか、検索意図を理解することが不可欠です。

ビックデータから読み取る! MindPickで可視化する「読み手」の実像

WEBライティングでユーザーの検索意図をリサーチするときは、ユーザーが検索窓に打ち込んだ「生の」検索語句、いわゆる検索クエリが起点になります。

「かつ丼 レシピ」「仙台 天気」「ダイエット サプリ」などユーザーが検索クエリの短いフレーズから、その裏に隠された本当に知りたい情報を読み取ることが求められます。

ユーザー理解・キーワード発掘ツール「MindPick(マインドピック)」は、こうしたWEBライティングのリサーチ工程を大幅に効率化するとき役立つツールです。

MindPickは、記事のテーマとなるキーワードを入力するだけで、月間一億UBもの検索クエリとQ&Aサイト「教えて!goo」の閲覧履歴から、実際にそのキーワードに興味・関心を抱いているユーザー層を解析して可視化します。

 

商品点数の多いECサイトや、競合の多いキーワードを狙ったWEBサービスを立ち上げるときは、ごく短期間で、数100記事という単位で高品質なテキストが求められるケースも珍しくありません。

こうした一度に大量の記事が必要になるコンテンツマーケティングを実施するときは、複数の外注ライターにWEBライティングを依頼することもあり、品質の安定が大きな課題となります。

MindPickで可視化した、商品やサービスに興味・関心を抱くユーザーの傾向から想定されるターゲットのライフスタイルを各ライターに共有すれば、より具体的な読み手を想定した、品質の高い記事も集めるやすくなるでしょう。

検索クエリの裏にあるユーザーが「知りたい情報」を一覧表示

コンテンツマーケティングを意識したWEBライティングでは、検索したユーザーにとって共感しやすい文脈の理解は欠かせません。

たとえば観光地へのアクセスなら、どこを起点に、どんな交通手段を案内すればユーザーにとって役に立つのか。特定の食品を紹介するのであれば、ユーザーがなぜその食品に着目したのか。

もし、テレビや雑誌の紹介を見て、該当するキーワードを検索しているユーザーが多いなら、元となるメディアの取り上げ方を踏まえ、ユーザーが共感しやすい文脈を考えることも大切です。

MindPickは、キーワードに関心のあるユーザーが、大手質問サイト「教えて!goo」で参照していたQ&Aも表示されます。

 

「教えて!goo」をはじめとする質問サイトは、GoogleやYahoo!の検索窓には書ききれない本音の悩みや疑問を、ユーザー自身が文章としてまとめて投稿しています。

この質問は、検索クエリの裏にあるユーザーニーズを理解するうえで役立つ情報の宝庫!ユーザーがなぜ、そのキーワードで検索したのか理解する大きなヒントになるでしょう。

また、寄せられた回答の中から、ユーザー自身が「わかりやすい」「役に立った」と感じるテキストをベストアンサーとして評価するプロセスは、検索ユーザーが求める情報の伝え方を分析する上でも格好のサンプルです。

通常、こうした質問サイトから、検索ユーザーと関連度の高いQ&Aを選定する基準を設けることは難しく、マーケティングの手法としてはお勧めできません。

ですがMindPickなら、目的のキーワードを入力するだけで、約5万以上に分類された興味・関心カテゴリからビックデータを解析し、検索したユーザーが興味・関心を抱くQ&Aを実行動データとして一度に取得できます。

これまで検索クエリからユーザーの検索意図を分析していたWEBライティングの担当者にとって、マーケティングの作業を大幅に効率化できる機能です。

まとめ

WEBライティングでは、ユーザーに役立つ専門的な知識やノウハウを発信する力が求められます。

そのためにも、ユーザーがなにを求め、どんな情報を探しているのか理解する工程は、「良質なコンテンツ」を制作する第一歩です。

ユーザーニーズの理解に役立つMindPickは、ただいま14日間の無料トライアルも実施しています。WEBの向こう側にいる「読者」に向けた記事作成に、MindPickのマーケットユーザー分析をぜひ試しください!

 


お問い合わせはこちらから

MindPick(マインドピック)は無料トライアル実施中です。
是非お試し下さいませ。

 

WEBライティングに欠かせない!検索ユーザーが知りたい情報を掴むマーケットユーザー分析” への1件のフィードバック

  1. you have a terrific blog here! would you like to make some invite posts on my weblog? aeddkdfbecfe

コメントは受け付けていません。