広告・集客

広告配信におけるターゲットセグメントの作成

広告配信では適切なユーザー層に合致したメッセージを送れるかどうかがキャンペーンの成否を大きく左右します。
膨大な予算を無駄にしないため、高い精度で顧客セグメントを設定する方法が求められています。

ユーザーの興味・関心に基づいて広告を出稿し費用対効果を高める

リスティング広告では特定の検索キーワードに連動した広告の表示が可能です。

Google AdWordsやFacebookといったオンラインメディアで導入されている仕組みで、オンラインマーケティングの中心的な役割を果たしています。

ユーザーの興味・関心に基づいて広告を表示するため、購買意欲の高い層に絞って広告を出稿できるのが特徴です。

広告をクリックし、かつ、Webサイトへ訪問して商品購入などの次のステップへと進む見込みの高いユーザーに絞ってリーチするため、少ない広告予算でもビジネスの成功へとつながります。

ユーザーの属性に基づいたターゲットセグメントの作成が成功の鍵

広告配信においては精度の高いターゲットセグメントの作成が成功の鍵となります。

具体的には、年齢・性別・地域・利用しているデバイス・表示する時間帯や曜日・子供の有無といった絞り込みを行い、よりクリックする見込みの高いユーザー層に広告を出稿します。

地域のセグメントであれば、特定の地域には出稿する一方で、別の地域には出稿しないといった設定が可能です。地域に密着した商品やキャンペーンには必要な設定となります。

また、それぞれのセグメントで予算や入札単価が設定できるため、重要なセグメントへ柔軟に予算を配分できる機能が提供されています。

分析ツールを使って具体的なユーザー属性を知り、セグメントに反映させる

セグメントを設定するにはユーザーの理解が欠かせません。

アクセス解析ツール等を用いて、どの属性情報が最も重要であり、広告効果を高めるのかを知る必要があります。

ユーザーインサイト分析ツールMindPickでは、特定のキーワードに関心のある顧客の特徴を提示する機能があるため、セグメントの作成に有効です。

例えば、「ガーデニング」に関心があるのは40代・50代の男女が共に多く、持ち家の傾向も高いとされます。また、「剪定」「雑草」「庭」「イチジク」「除草剤」といった言葉への関心が強く見られます。

このユーザー層が複合語として検索しているキーワードとして「病気」「散布」「根本」「鉢植え」といった栽培に関するものや、「びわ」「もみじ」「ハナミズキ」「ハーブ」といった品種に関するものが含まれるのが分かります。

まとめ

リスティング広告では出稿する広告の内容や、ターゲットとするユーザーの属性を定量的に評価する必要があります。

具体的な数字によってPDCAを回し、広告効果の改善が図れるからです。

ユーザーインサイト分析ツールを用いると、膨大なデータから導き出されたターゲット属性が提示されるためリスティング広告における費用対効果の向上が期待できるでしょう。

 


お問い合わせはこちらから

MindPick(マインドピック)は無料トライアル実施中です。
是非お試し下さいませ。