コンテンツマーケティング

年代別調査から最適なコンテンツを選択する

世代ごとの価値観の違いは、利用するプラットフォームやコンテンツの形式に影響を与えます。
生まれてすぐにスマートフォンを使い始めた若者と、テレビに熱狂していた団塊の世代では、どのような意識の違いがあるのでしょうか。

団塊・ミレニアル・ジェネレーションZで異なる好みのコンテンツ形式

米国Olapic社は、16~65歳の米国人に対し、コンテンツに対する意識調査を行いました。

ベビーブーマー(団塊の世代)の36%がUGC(ユーザーが生成したコンテンツ)を信頼すると回答したのに対し、ミレニアル世代(1980~2000年頃に出生)は47%がUGCを信じています。ベビーブーマーは製品そのものを説明した文章や動画を注目するのに対し、ミレニアル世代はUGCとして投稿された写真に写された人物を重視する傾向があります。

さらに、1995年以降に生まれたジェネレーションZに関する調査も始まっています。この世代は絵文字を使ったり、Snapchatで画像加工したりするのに喜びを覚えます。短い動画や、流行りのコンテンツによって影響を受け、視覚的に面白い情報を求めるようになりました。

自社商品に興味のある年齢層を理解し、コンテンツとチャネルを選択する

 

マーケティング活動を行う際には、ターゲットとする年代によって作成するコンテンツやメッセージを合わせる作業が必要です。

団塊の世代には、製品機能をよく説明した文章を作成し、Facebookで展開します。ミレニアル世代では、インフルエンサーと協業してInstagramに写真を投稿するのも良いでしょう。ジェネレーションZには「バズる」動画を狙ってもよいかもしれません。

自社がターゲットとする年齢層を知るには、市場調査などの方法が考えられます。

ユーザー分析ツールMindPickを用いれば、ある単語について興味のある世代の情報が分析可能です。例えば、「オーガニック食品」に興味があるのは40代・50代の男女であり、特に、40代女性に関連が強いとされます。

分析結果に合わせてコンテンツを制作すれば、より効果的なマーケティング施策が行えるでしょう。

まとめ

世代によって消費するコンテンツや利用するプラットフォームには違いがあります。

自社が取り扱う商品に興味を持っている世代の考え方を理解し、適切なコンテンツの種類とチャネルを選択すると、伝えるべきメッセージが適切に伝わることが期待できます。

 


お問い合わせはこちらから

MindPick(マインドピック)は無料トライアル実施中です。
是非お試し下さいませ。