広告・集客

リスティング広告運用で成否を分ける!ニーズの高いキーワードの効率的な選び方

リスティング広告(検索連動型広告)とは、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンで、ユーザーが検索したキーワードや、そのキーワードに波状するキーワードに連動して、検索結果画面に表示される広告です。
リスティング広告で期待通りの成果をあげるためには、見込み客のニーズをしっかり抑えたキーワードの選定や、広告文の作成が欠かせません。
今回は、リスティング運用でなかなか成果が上がらないときにこそ試してほしい、ニーズの高いキーワードの効率的な選び方をご紹介します。

キーワードの仮説を立てる

いまやインターネット広告でも欠かせないリスティング広告。

その大きな魅力は、自社の商品やサービスに関心のユーザーが検索したときだけ、ピンポイントで広告を表示できる、費用対効果の高さにあります。

たとえば空港のそばの土地を活用して、家族で駐車場を経営するケースを考えてみましょう。

いくら空港の近くにあっても、駐車場を探しているユーザーから認知されなければ集客できません。

とはいえ、周辺の高速道路や空港の中に看板を出したり、旅行雑誌に広告を出稿したりする広告費は、個人経営者にはかなりの負担です。

ですがリスティング広告なら、「空港名 駐車場」など空港のそばで駐車場を探しているユーザーが検索したときだけ広告を表示できます。

リスティング広告は、ユーザーが自社の広告をクリックした時のみ料金が発生するCPC(クリック単価)広告です。

クリック数の上限を決めることもできるので、あらかじめ決めておいた広告予算を大きくオーバーする心配もありません。

このクリック単価は、ひとつのキーワードに対していくらで入札するかというオークション形式の入札で決まり、Google AdWordsのキーワードプランナーを使えば、商品やサービスに関連したキーワードと、それぞれの入札価格が確認できます。

一般的に、検索数の多いキーワードをビッグワードと呼び、クリック単価も高騰する傾向にあります。対して検索するユーザーが限定されるミドルワード、スモールワードになると、入札するライバルが少ない分、クリック単価を低めに抑えることも可能です。

さきほどの駐車場の例でいえば、空港名+駐車場だけで配信した場合、検索するユーザーも多い分競合も多く、一回あたりのクリック単価も高めになることが予測されます。

ですが、「空港送迎」「屋根」「安い」「近い」など、駐車場を探しているユーザーが検索するとき打ち込む言葉を想像しながら複合ワードを設定していけば、広告費を抑えながら効果の高いキーワードで出稿することも可能です。

リスティング広告の運用は、まずこうした自社の商品・サービスの見込み客のニーズを想定した、検索キーワードの仮説を立てるところから始まります。

しかし、数百、数万という単位でキーワードを運用することになるリスティング広告では、このキーワードを手作業で選定するためには、膨大な作業が必要です。

現実的な工数や、投資に対する利益率(ROI)を考えると、仮説検証にかけられる時間やコストは限られてくるでしょう。

そのためリスティング広告を運用する担当者には、ターゲットとなるユーザーが検索窓に打ち込むキーワード(検索クエリ)や、よりコンバージョンの高い広告文の仮説を、どれだけ効率よく立てられるかが問われることになるのです。

ターゲットの分析と理解に役立つ!MindPickのマーケティング分析機能

リスティング広告で成果をあげるためには、商品やサービスを探している見込み客となるターゲットが、どんな情報を求めて検索しているのか、その本質を理解して仮説を立てなければ良い施策を打つことができません。

MindPick(マインドピック)は、こうしたリスティング広告の仮説設定を大幅に効率化してくれるユーザー分析ツールです。

たとえば薄毛対策にオススメされるシャンプーの広告を出稿する場合、どんなキーワードで、どんな広告文を出稿すれば効果が高いと考えられるでしょうか。

MindPickは、キーワードを入力するだけで、月間1億UB(ユニークブラウザ)の大量の検索データ等から、目的のキーワードに関する話題に興味・関心のあるユーザー層や検索ニーズを一度に解析できます。

マーケットユーザー分析で「薄毛 シャンプー」について検索しているユーザー層を調べると、一般的にニーズが高いと思われる30代、40代の男性だけではなく、若年層の女性が情報を探しているケースが予想以上に多くみられることがわかります。

 

 

また、あなたが設定したキーワードに興味・関心のあるユーザーがどの地域からアクセスしているかも、エリア情報として表示されます。

特定の都道府県や地域から検索しているユーザーに対して広告を表示する、広告投下範囲を設定する前に参照しておきたい機能です。

 

目的に合わせた関心ワードや、ユーザー理解に役立つ情報を一度に発見!

MindPickは、推奨する関心ワードを「ボリューム重視」「効率重視型」「バランス型」の3つのパターンで分類し、クリックするだけで切り替えが可能です。

さきほどの「薄毛 シャンプー」というキーワードなら、ボリュームを重視した場合、育毛・薬用・予防・口コミ・ランキング等の商品購入の参考になるようなキーワードが複合語として多く検索されていることがわかります。

対して効率を重視した場合、方法・対策・解消・改善など、薄毛の改善につながる情報を検索しているユーザーが目立ちます。

 

 

売り上げを拡大するならボリューム重視の関心ワードを中心に、1件当たりの獲得単価を守るなら効率重視の関心ワードを中心にと、目的に合わせて効果の高いキーワードを発見する工程を大幅に効率化できる機能です。

さらにMindPickは、キーワードで検索しているユーザーが、大手質問サイト「教えて!goo」でどんなQ&Aを閲覧しているのかまで行動が把握できます。

 

ユーザーがどんなことに悩み、どんな情報を求めているのか。

検索ユーザーの閲覧しているQ&Aは、ユーザーのニーズを満たす広告のクリエイティブに役立つ情報が詰まっています。広告文の作成にお悩みのとき、ぜひ一度ご確認ください!

まとめ

ユーザーが探しているキーワードと連動して表示される「リスティング広告(検索連動型広告)」は、インターネット広告の中でも非常に効果の高い手段です。

ですが、広告プランを考えずに配信しても、なかなか成果に結びつきません。

広告配信の無駄を抑え、コンバージョンに結び付けるにはキーワードの選定とターゲットの理解が必須です。

キーワードを入力するだけで、これまで見逃していたターゲット層や、ユーザーの悩みや疑問を理解に役立つ情報が一度に分析できるMindPick。

ただいま14日間の無料トライアルも受け付け中です。

リスティング運用で思ったように成果が出ない、改善プランがわからない。

そんなときはぜひ、あなたのリスティング広告に役立つMindPickのマーケティング分析機能をお試しください!

 


お問い合わせはこちらから

MindPick(マインドピック)は無料トライアル実施中です。
是非お試し下さいませ。